公開日

【瀬戸内編】感性を鍛えるのにオススメな美術館建築ガイド

論理的思考だけでなく感性を磨くことで、ビジネスセンスが向上し、それが新しいアイデアに結びつきます。有名建築家が設計した美術館は、建物自体がひとつのアート作品です。美術館そのものと展示されている美術品を鑑賞することで、右脳を刺激することができるでしょう。今回は瀬戸内編として、香川、愛媛の美術館をご紹介します。

地中美術館

アートの島として知られる香川県直島には、日本を代表する建築家である安藤忠雄氏が関わった8つの建築物が存在します。その中でも他にはないユニークな造りとなっているのは、直島南部の丘陵地に立つ地中美術館です。

山の上にありながら、一見するとそこに美術館があるとは分かりません。「自然と人間を考える場所」というコンセプトのもとに設立された地中美術館は、島の美しい景観を損なわないために、その名のとおり建築物のほとんどが地中に埋まっています。

安藤氏の代名詞ともいえる打ち放しコンクリート構造の内部には、天井にしつらえられた大きな窓から光が差し込み、時間によって展示作品の見え方を変えています。クロード・モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの3人の作品のためだけに造られた美術館は、建物全体がアート作品です。

―基本情報―
施設名:地中美術館
住所:香川県香川郡直島町3449-1
TEL:087-892-3755
開館時間:3月~9月10:00~18:00
10月~2月 10:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)
※入場はオンラインチケットによる予約制

今治市伊東豊雄建築ミュージアム

日本初の建築ミュージアムである今治市伊東豊雄建築ミュージアムは、愛媛最北の離島である大三島の西部に位置します。伊藤氏の作品を展示する幾何学的な外観の「スティールハット」と旧自邸を再生した「シルバーハット」の2棟から構成されています。

シルバーハットの図書閲覧スペースでは伊藤氏が手がけた図面や模型を見ることができ、屋外にはワークショップスペースも設けられています。敷地を選び建物の設計も伊藤氏が手がけた、このミュージアムそのものが同氏の作品ともいえるでしょう。

―基本情報―
施設名:今治市伊東豊雄建築ミュージアム
住所:愛媛県今治市大三島町浦戸2418
TEL:0897-74-7220
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は原則その翌日)年末(12月27~31日)

豊島美術館

香川県豊島の小高い丘に造られた豊島美術館は、建築家である西沢立衛(りゅうえ)氏と現代芸術家の内藤礼氏による作品です。わずか40×60メートル、最高高さ4.5メートルの水滴のような形をした白い建築物は、柱が一本もないコンクリート・シェル構造。

建物内部では、いたるところから水が湧きだし水滴が動いて泉を作ります。水の動きやスペースそのものが「母体」という内藤氏の作品になっています。2つの開口部から注ぐ日の光や雨風と、すべて豊島自生の植物である敷地内の植栽を含め、建築、アート、自然が一体となり豊島美術館という一つの作品になっているのです。

―基本情報―
施設名:豊島美術館
住所:香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607
TEL:0879-68-3555
開館時間:3月~10月10:00~17:00
11月~2月 10:00~16:00
休館日:3月~11月 火曜日
12月~2月 火曜日~水曜日(祝日の場合はその翌日 月曜日が祝日の場合は火曜日開館、水曜日休館)

坂の上の雲ミュージアム

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

愛媛県松山市は、主人公が松山出身である司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」を軸とするまちづくりを進めています。坂の上の雲ミュージアムは、その中核施設として安藤忠雄氏により設計され、同氏のイメージする「坂の上の雲」が表現されています。

一方から見ると松山のシンボルでもある城山がガラスに映り、他方からは建物越しに城山が望める外観。これは、松山の自然との調和を考えて設計されたもの。

館内には、明治時代に関する書籍や、当時の日本の特徴を紹介する資料と映像、小説にゆかりのある作品などが常設されているほか、明治文化にまつわる企画展示も随時行われています。

―基本情報―
施設名:坂の上の雲ミュージアム
住所:愛媛県松山市一番町三丁目20番地
TEL:089-915-2600
開館時間:9:00~18:30
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)

瀬戸内でアートにひたり感性を高める

日本屈指のアートエリアである瀬戸内の美術館では、建築物と展示作品が一体となり、そこでしか体験できないアート空間が楽しめます。自然と調和した芸術に触れることで、仕事をするうえでのひらめきもより冴えわたることでしょう。遠くからでも足を運ぶ価値のある瀬戸内の美術館へ、この連休に訪れてみてはいかがでしょうか。


>>【無料小冊子】「安定志向」の人はなぜ不動産に投資するべきなのか


>>不動産投資が老後2,000万円に備える資産形成って本当?

人気の記事ランキング

1
初心者向け
Read More

登記事項証明書・登記簿謄本の取得方法や手続きを解説!

2
生命保険
Read More

今さら聞けない「団信」のメリット・デメリット

3
利回り
Read More

表面利回りと実質利回りとは?計算方法も合わせて解説

4
初心者向け
Read More

マンションの固定資産税っていくらかかる?計算方法を解説

5

時計買うなら100万円のロレックス、10万円のセイコーどっち?

現場のプロが教える不動産投資の成功の秘訣 少人数限定セミナー

注目の不動産投資セミナー