公開日

都市圏新築マンションに投資すべき6個の理由

マンション投資に興味はあるけれど、どのような物件に投資していいのか分からないという人もいることでしょう。安いからといって手を出しやすい物件に投資してしまうと、後々出費がかさむ場合があります。そこでおすすめなのが、都市圏にある新築マンションです。都市圏の新築マンションがなぜ投資先として魅力的なのか、その理由を解説します。

都市圏の新築マンションがおすすめな理由

都市圏の新築マンションに投資すべき6つの理由について見ていきましょう。

1.空室が埋まりやすい

新築物件は見た目も良く、住宅設備も機能的で充実しているため空室リスクが低い傾向にあります。また都市圏は人口が集中しているため、長期的に見ても空室が埋まりやすい立地といえます。

野村総合研究所「日本の不動産投資市場2018」によると、東京都内の空室率は、23区内は11~12%で推移していますが23区外になると14~15%となります。都内においても都心部より東京市部の方が、空室リスクが高くなることが分かります。

2.ワンルームマンションの需要が高い

都市圏の新築マンションの場合、単身者用のワンルームマンションの需要が多いため、区分所有投資で初期コストを抑えられます。

「日本の不動産投資市場2018」によると、2015年時点で2030年には独身世帯が2,000万を超え、DINKS世帯も増加し続けるが、ファミリー世帯は減少していく、と予測されています。そのためワンルームマンションの需要はこれからも高まる可能性が高いといえます。

3.物件数が多い

都市圏と郊外では、そもそもの物件数に差があります。郊外でマンションを購入しようとした時、物件自体の価格が安く手に入りやすいというメリットもありますが、理想の物件が見つからないこともあります。都市圏では物件数が多い分、良い投資物件に出合える確率が高くなるといえるでしょう。

4.物件以外の魅力も訴求しやすい

購入して数十年後も空室がない状態を保つためには、物件独自の魅力と周辺環境の良さが必要です。その点、人の集まる都市圏には、魅力的なスポットや商業施設がたくさんあります。そのような場所の近くにあるマンションは、価値が下がりにくいというメリットがあります。

5.家賃が高く設定できる

場所にもよりますが、家賃相場は高く設定できます。さらにデザイナーズマンションや個性的な内装の物件の場合、強気な家賃設定をしても入居に結び付く場合があります。

6.売却しやすい

不動産の価値は、売却後に利用価値があるかどうかでその価格は変わってきます。利便性、居住性、安全性、地域や物件の独自性などといった判断材料により物件の価値は決まります。そのため都市圏の新築マンションは資産価値が高いと判断されやすく、売却もしやすいのです。

立地に関わらず、新築ならほかにもメリットが

購入するマンションが新築なら、上記のように都市圏にある物件でなくても、次のようなメリットが得られます。

・修繕費用が掛かりにくく、購入後も安心

新築マンションの場合、すぐに工事が必要なトラブルが起こる可能性は、中古マンションよりも低いと考えられます。もし起こったとしても、多くの新築マンション販売会社はアフターサービスなどを行っています。

・節税対策になる

不動産の貸付規模が事業的規模の場合、青色申告をすることで課税所得から65 万円の控除が受けられます。青色申告をすることで経費計上をした結果、不動産所得が赤字の場合、給与所得等と損益通算を行うことで、所得税が安くなることもあります。また赤字を3年繰り越すことができます。ただし、不動産貸付が事業規模とされるのは、アパートやマンションではおおむね10室以上が目安とされています。

また相続の際、現金は相続税評価額が額面通りとなりますが、その現金で自宅を建て替えた場合、相続評価額は、取得費の5~6割程度となります。投資用マンションの場合には、賃借人の権利(賃借権)分3割を差し引くことができます。計算式は「固定資産税評価額(取得費の5~6割程度)×(1-0.3)=(評価額)」です。現金よりも、賃貸用マンションとして遺した方が資産圧縮効果が見込めます。

マンション投資を始めるならば、都市圏の新築マンションがおすすめ

都市圏の新築マンションを所有し貸し出すことで、安定した収益が望めるでしょう。今から投資用マンションの購入を考えている人は、都市圏の新築マンションをチェックしましょう。良質な投資物件はすぐに決まるため、いい物件を見つけた際には、迅速に行動することをおすすめします。
 


>>【無料小冊子】「安定志向」の人はなぜ不動産に投資するべきなのか


>>不動産投資が老後2,000万円に備える資産形成って本当?

でも貯金0円、お金持ちな人の違いとは?

人気の記事ランキング

1
初心者向け
Read More

登記事項証明書・登記簿謄本の取得方法や手続きを解説!

2
生命保険
Read More

今さら聞けない「団信」のメリット・デメリット

3

時計買うなら100万円のロレックス、10万円のセイコーどっち?

4
初心者向け
Read More

マンションの固定資産税っていくらかかる?計算方法を解説

5
利回り
Read More

表面利回りと実質利回りとは?計算方法も合わせて解説

現場のプロが教える不動産投資の成功の秘訣 少人数限定セミナー

AIの力で不動産をあかるく。プレサンス ブライトシミュレーター

注目の不動産投資セミナー

おすすめの物件情報