公開日

1,000円を投資に変える!スマホ証券で隙間時間投資

株式を購入しようとすると、一般的にはまとまった資金が必要になりますが、小額からできる株式投資もあります。その中でも、日々の業務に追われがちなビジネスパーソンにおすすめなのが、スマートフォンで手軽にできるスマホ証券です。ここでは、1,000円からでも始められるスマホ証券をご紹介します。

スマホ証券とは

スマホ証券とは、その名の通りスマホを利用して株取引を行う投資アプリのことです。利用するアプリによっては1,000円から株が買えるという手軽さに加え、スマホを利用することで余計な手間もかからないことから人気を集めています。

フィンテック関連のベンチャー企業をはじめとして、大手金融企業もスマホ証券の事業に乗り出しています。スマホ証券のパイオニアは、2013年に設立された「株式会社One Tap BUY(ワンタップバイ)」がリリースした、社名と同じアプリOne Tap BUYです。主要株主にはソフトバンク株式会社、みずほ証券株式会社、ヤフー株式会社など大手企業が並び、注目を集めました。

一般的に、株式の購入は単元ごととなっており、1株、100株、1,000株と決められた株数を購入します。そのため、株式投資にはまとまった資金が必要であるというイメージが定着しています。しかし、スマホ証券を利用することで、単元に満たない単元未満株を1,000円という小額から簡単に売買することができるのです。

スマホ証券を比較

ここからは、主なスマホ証券を3つご紹介します。

・One Tap BUY
利用者の約7割が株式投資未経験者というOne Tap BUY。株式投資未経験者にも使いやすいアプリと、見やすい画面、そしてサポート態勢の充実で多くの人に選ばれています。定額プランなら、1ヵ月間どれだけ利用しても手数料は定額1,058円(税込み2018年12月現在)で、利用するほどお得です。

使い方もとても簡単。口座を開設し、金融機関からOne Tap BUYの口座に入金します。後は株式投資したい銘柄をタップして購入するだけです。24時間365日、いつでも購入できます。購入できる銘柄はいずれも優良企業ばかり。日本株だけでなく、米国株も買付できるのが魅力です。

アプリはこちらから選択できます。

・スマートプラス
投資しながら投資仲間もできる、新しい角度から投資を楽しめるのがスマートプラスのアプリ、STREAMです。日本株の現物取引と信用取引が行えます。

コミュニティに参加してユーザー同士が交流することで、株に関する知識が増え、さらに投資に対するモチベーションを保ち続けることができます。積極的にコミュニティに参加するとポイントが加算され、それによって金利優遇が受けられるという新しいサービスも展開しています。

新しい情報を仲間から得たら、すぐにスマートプラスで株式購入、ということも可能です。取引手数料は何回利用しても無料。口座開設も最短5分で行えますので、サクッとアカウントを作成してみましょう。口座開設後、審査が終了すると開設コードが郵送され、コードをアプリに入力すると取引が開始できます。楽しみながら投資を始めたい人におすすめです。

公式サイト下部にあるリンクからアプリ入手先に移動できます。
https://smartplus-sec.com/

・フォリオ
ネットショッピングの気分で気軽に投資できるのが、フォリオの魅力です。フォリオの特徴は、銘柄で投資先を選ぶのではなく、テーマで投資先を選ぶという点にあります。テーマには、人工知能、ペットと暮らす、京都、寿司、ドローン、アンチエイジングといったものがあり、自分がこれから応援したいものや好きなものに手軽に投資できるようになっています。

フォリオのアプリをダウンロードして口座を開設したら、まずは好きなテーマを探します。テーマをカートに入れて、注文するだけで投資完了です。最低投資額は10万円と、One Tap BUYに比べてハードルがやや上がっています。One Tap BUYが日常の買い物感覚だとすると、フォリオは定期預金の感覚に近いかもしれません。

複数のテーマを選ぶことで、資産を分散しながら投資できます。ロボットアドバイザーによるおまかせ投資も可能です。テーマの売買による手数料は、売買代金の0.5%。運用手数料、口座管理手数料は無料です。

公式サイト下部にあるリンクからアプリ入手先に移動できます。
https://folio-sec.com/

小額からの投資で資産運用に対する意識を高めよう

今後、投資を始める人はますます増えていくでしょう。投資に興味があるけれど、なかなか踏み出せないという人は、まず小額から始められるスマホ証券を利用してみてください。実際に投資を行ってみることで、資産運用に対する意識を高めていくことができ、次なる株式投資へのステップにもなっていくでしょう。
 


>>【無料小冊子】「安定志向」の人はなぜ不動産に投資するべきなのか


>>不動産投資が老後2,000万円に備える資産形成って本当?

人気の記事ランキング

1
初心者向け
Read More

登記事項証明書・登記簿謄本の取得方法や手続きを解説!

2
生命保険
Read More

今さら聞けない「団信」のメリット・デメリット

3
初心者向け
Read More

マンションの固定資産税っていくらかかる?計算方法を解説

4

時計買うなら100万円のロレックス、10万円のセイコーどっち?

5
利回り
Read More

表面利回りと実質利回りとは?計算方法も合わせて解説

現場のプロが教える不動産投資の成功の秘訣 少人数限定セミナー

AIの力で不動産をあかるく。プレサンス ブライトシミュレーター

注目の不動産投資セミナー

おすすめの物件情報